ちゃんタケ ブログ

筋トレ、サッカー、ITについてなら。ちゃんタケブログ!

IT

【プログラミング】【挫折しない】専門学校をおすすめする4つの理由

投稿日:2020年4月16日 更新日:

この記事を見てくれている人のほとんどは、

おそらく、進学に悩んでいる学生の方だと思います。

今回は、そんな学生の方のために

実際に、IT専門学校に通っていた私が

独学や大学進学よりも専門学校でのプログラミング学習をおすすめする3つの理由

について書いていきたいと思います。

以下の3つで進めていきます。

先生

この先生というのは、

職場でプログラマーとして働いていた経験がある人が多いということです。

これは、とても重要なことで

授業内で行う課題などもより実践に寄せて作られていたりします。

プログラミングの基礎知識だけ身につけても、即戦力ではありません。

かといって単に専門学校を卒業したからといっても

即戦力ではありません。

やはり、ひとりで業務ができる(一人前)になるには

就職して、実際に業務をするしかありません。

専門学校では、実戦経験を積むことはできませんが

IT企業も文系の人を、採用していたりするので

全く知識がないよりは、

基礎的なことは、理解している状態で入社したほうが

研修など、つまずくことなくスイスイ進めます。

短期集中

この短期集中とは、専門学校で勉強している期間ことです。

大学か専門学校で比べてみましょう。

大学は4年、専門学校は2年。

大学と専門学校では2年も違います。

それなら、大学生のほうが知識が身につくはず!と思うかもしれません。

ですが実際に勉強している期間はどのくらいでしょうか?

専門学校では、就職活動がだんだん早まってきていて、

1年目の12月くらいから就職活動を始めます。

また、専門学校は大学より就職率が高いことが多いです。

私が通っていた専門学校では、

企業の人が、学校に来てその場で面接などの採用活動をします。

それだけIT人材が足りていないということです。

年々、内定が決まるのが早くなってきているのはそのためです。

そして早い人だと、3,4月に決まってしまいます。

そうなれば、あとの1年は自由に過ごせます。

放課後残って、試験勉強もしません。

専門学校では、実質1年間しか勉強しないのです。

その1年は、頑張って勉強しましょう。

入学して最初は、頑張ろうという気持ちがまだあります。

そのうちに、資格など取れるものは取ってしまいましょう。

2年生になったら、内定を貰っているからいい。と

だらけてしまうからです。

仲間

これは、クラスメイトのことです。

友達ができるからいいのではありません。

大事なのは、「プログラミング」を一緒にやる仲間です

みんなで切磋琢磨できるからです。

プログラミングとは挫折との戦いです

ですがそれは、独学(一人で)やっているからです。

ネットで調べても、分からないことはたくさんあります。

そうなったら、もう先に進みようがないのです。

そして、あきらめていってしまいます。

それと比べ、専門学校はわからなくなったら

先生も、周りの友達もいます。

人によっては、プログラミングをやらされていると感じる人もいますが、逆に考えれば

挫折したくてもできないんです。

この環境というのは、とても大事で

その壁を越えればあまり苦にならなくなってきます。

そうすれば挫折との勝負、勝ちです。

まとめ

今回は、学生の方に向けた記事でしたが、

専門学校は、高校を卒業してから入学するという決まりはありません。

私が通っていた専門学校でも、年上の方はいました。

これからプログラミングを始める方

ぜひ専門学校の入学を考えてみてください。

-IT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IT企業新卒1年目の給与を公開します。

今年の4月からIT企業に就職し、約半年が経過しました。 新卒一年目のIT企業で働く会社員は、月給いくらなのか。 今回は、IT企業の「給与」について詳しく解説していきます。 目次1 給与2 業務2.1 …

ITエンジニアになる方法

今回は、 専門学校からIT企業に就職した経験を元に、ITエンジニアになるためにはどのような方法があるのか紹介していきます。 目次1 新卒1.1 高校から就職1.2 専門学校から就職1.3 大学、大学院 …

IT企業入社前に知っておきたかったこと

IT企業に就職して、早くも1年が経過しましたが、 入社する前(専門学校時代)に思っていたこと、入社後の違いなどを紹介していきます。 これからIT企業に入社する方は簡単なイメージがつくと思います。 目次 …